1. HOME
  2. 妊娠・出産 Q&A

妊娠・出産についてのよくあるご質問

妊娠中について

妊娠したようなのですが、いつ受診したらよいのでしょう?
予定の生理日を過ぎて1~2週間の間に受診してください。妊娠検査薬が陽性でも、正常の妊娠かどうかは不明です。経産婦の方は経験があるだけに、受診日を延ばしがちですが忘れずに早めに受診してください。
妊娠初期に薬を服用してしまったのですが・・・。
薬が胎児に影響しやすい時期は、妊娠4~10週までの間と言われています。しかし明らかに奇形が生ずる可能性がある薬はごくわずかです。用量、用法を守って服用していればそれ程問題はありませんが、心配な場合は服用した薬、時期、期間について来院の上ご相談ください。
妊娠と診断されましたがつわりがありません。つわりはいつから始まりますか?
つわりは、妊娠した場合必ず全ての人に現れる症状ではありません。また、つわりがあってもその程度には個人差があります。通常は妊娠7週頃より始まり妊娠12週頃(遅くとも妊娠16週)には自然に消失します。
お酒を飲んだり、たばこを吸ったりしても平気ですか?
大量にアルコールを飲み続けると、産まれてくる赤ちゃんが低体重児(2,500gより小さい)であったり、胎児性アルコール症候群という病気にかかって生まれてくる可能性が高くなります。喫煙している場合、早産の割合が約50%増加し低体重児の赤ちゃんになる割合も約2倍となる可能性が高くなります。
妊娠前に喫煙や飲酒をしていても妊娠初期に早めに禁酒、禁煙をすればこれらの危険性はだいぶ低くなります。
サプリメントや青汁は飲んでいいですか?
サプリメントも青汁も「食品」として分類されているため、取りすぎなければ特に問題はないでしょう。
サプリメントを使用する場合は、葉酸,カルシウム,鉄が含まれているものがいいでしょう。青汁には、葉酸やβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは体内でビタミンA1に変化します。ビタミンA1の過剰摂取には問題がありますが、青汁の通常使用量では問題ありません。
腰痛がひどいのですが、湿布を使ってもいいですか?
整形外科的な持病がなければ腰痛の原因は妊娠によるものの可能性が高いと考えられます。妊娠中のトラブルの1つで湿布を使う対処療法しかありません。湿布の配合成分によっては、妊娠中に使えないものもあるので、来院の上ご相談ください。
便秘ですが市販の下剤を使っていいですか?
市販薬は手軽に使用できますが、なかには大量に服用すると流・早産を起こすものもあります。
妊娠中でも服用できる下剤を処方しますのでご来院ください。
腹帯(はらおび)はいつから着用するのですか?
腹帯は、特に必要ではありません。腹帯の起源は古事記の記載によるものと言われ、日本人だけが持つ習慣です。お祝と安産祈願の儀式としての意味しかないかと思われます。通常は妊娠16週以降の犬の日に巻きます。希望される方はお申し出ください。
お腹が小さい(大きい)と他人から言われて心配です・・・。
見た目の印象ではお腹が小さいか大きいかは、なかなか分かりません。背の高い方はあまりお腹は大きく見えず背の低い方は逆に大きく見えます。定期健診では、実際にお腹を測定し超音波診断でも赤ちゃんの大きさを把握できますから、特に心配はいりません。
飛行機に乗っていいですか?
各航空会社によって基準は多少違いますが、一般的には分娩予定日の28日前からは診断書が必要、14日前からは医師の同伴が必要です。その他の期間については、各航空会社に問い合わせてください。なお、その際診断書が必要な場合がありますが、診断書の内容は診察した日の状態であり、搭乗日の状態を保障するものではありません。
旅行に行っていいですか?また、温泉に入ってもいいですか?
「妊娠中期の安定期に入ると旅行に行ってもいい。」と、書かれている本もありますが早産の予知や予防が出来ない状態では、旅行に行くことはお勧めしません。温泉の成分が妊娠に影響を及ぼすということは考えにくいのですが、長時間入ったり何回も入浴することは避けてください。
冠婚葬祭に出席しても大丈夫ですか?
妊娠初期と後期は避けた方が良いでしょう。妊娠中期の安定期でも遠方であったり長時間出席しなければならない場合は避けましょう。
やむを得ず出席する場合は、車ではなく電車などの交通機関を利用し、式場でもお腹が張った時に横になれる場所を確保してください。
自転車はいつまで乗れますか?
自転車を漕ぐ動作そのものは、妊娠に悪影響を及ぼすことはありません。ただ、いくら乗りなれていても、出会い頭の衝突や転倒によって重大な事故となる可能性もあります。基本的には乗らないことが良いのですが、乗る場合は十分に注意してください。
妊娠中のスポーツについて
妊娠に適した運動は、母体が安全であること、運動効果があること、持続できること、楽しいことなどが条件となっています。これらを満たすものとして、スイミング,エアロビクス,サイクリング,ウォーキング,ヨガなどがあります。 妊娠中にしてはいけないスポーツはないのですが、静かな状態から急激に全身の力を加えるスタイルのスポーツは適さないと考えられています。ゴルフやテニスは適さないスポーツの例です。

出産について

里帰り出産を希望です。いつ頃帰省すればいいでしょうか?
こちらから帰省する場合は、原則として帰省先の施設の指示に従ってください。
こちらに帰省し当クリニックで分娩希望の方は、妊娠32週頃までに受診してください。
立ち会い分娩(出産)はできますか?
希望があれば母親学級の受講がなくても可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。
ただし、立ち会いはお父さんのみに限ります。お子さまの立ち会いはご遠慮願います。

各教室のお申込み、妊娠・出産のご相談などお気軽にご連絡ください。

TEL:048-857-2277 / 受付時間:平日 9:00~18:00 土曜日 9:00~12:00

  • 施設案内
  • 妊娠・出産Q&A
ちょっと気になる大事なこと
立ち会い出産について
母子手帳のもらい方
出産育児一時金

産科医療補償制度に加入しています

診察受付

午前
9 :00~11:30
午後
15:00~17:30
休診日
水曜日/日・祝日/土曜午後

休診日、時間外のお電話はご遠慮ください。

アクセスマップ