1. HOME
  2. 妊娠・検診
  3. マタニティ基礎知識 - 妊娠後期

マタニティ基礎知識

  • 妊娠初期
  • 妊娠中期
  • 妊娠後期

8ヶ月(28~31週):赤ちゃんの大きさ:約43cm/体重:約1800g(31週末)

妊娠後期には母体の血液中の水分量が多くなり、足のすねの部分などがむくみやすくなります。
寝る際、足の下にクッションを置くなどの対策を。
また、こまめな定期健診で高血圧などのチェックをしていきましょう。
赤ちゃんの内臓の形や機能はほぼ完成し、呼吸様運動(呼吸の練習)が始まります。
ママの食事が赤ちゃんの細胞を作り、摂取する栄養が赤ちゃんの体を作ります。
栄養のバランスのとれた食生活をしましょう。

9ヶ月(32~35週):赤ちゃんの大きさ:約47cm/体重:約2500g(35週末)

大きくなった子宮を支えるために、腰や足の付け根に負担がかかり、腰痛になったり、足がつったりすることが
あります。里帰り出産を希望されている方は34週ごろまでに帰郷しましょう。また、仕事を続けるママは
保育園などの情報の下調べを始めるといいでしょう。
それまで羊水の中をクルクル動き回っていた赤ちゃんも頭が下になる姿勢に落ち着きます。
赤ちゃんは自律神経が成熟したり、心拍や呼吸、体温調整の働きが整ってきます。

10ヶ月(36~39週):赤ちゃんの大きさ:約50cm/体重:約3100g(39週末)

赤ちゃんが下に下がるため、腰や恥骨のあたりに痛みを感じたり、尿が近くなり夜中に何度かトイレに起きたり、
おなかが張るようになったりします。
また、いつお産が始まってもおかしくない時期ですので、おしるしや陣痛に気づいたら、
まずは病院に連絡し指示を受けるようにしましょう。
赤ちゃんは妊娠39週には、内臓の働きを含め、外界の生活に十分適応できるまでに成熟します。
赤ちゃんは両腕をぴったりと胸につけて、あごをひき膝から曲げた両足をお腹に引き寄せてコンパクトな
姿勢をとり、生まれてくるための準備を進めています。

  • 妊娠初期
  • 妊娠中期
  • 妊娠後期